Tapbots、「Tweetbot for Mac v2.1」をリリース − アクティビティ表示の追加など、変更点は多数

本日、Tapbotsが、人気Twitterクライアントアプリ「Tweetbot」のMac版をアップデートし、最新版のバージョン2.1をリリースしました。

TweetbotMac

今バージョンでの変更点は下記の通り。

・アクティビティ表示を追加
・引用ツイートをメンション欄に表示
・アプリ内でTwitter、Instagram、Vineの動画を再生
・ピンチ操作でイメージの拡大縮小
・Twitterへの動画のアップロード
・詳細表示から誰がリツイートしたかを表示
・プロフィール表示へスワイプ操作で戻る
・DMで画像を表示
・View > Scroll to Last Readを追加
・メモリ管理の改善
・その他不具合などの修正

(via @TweetbotJP

Tweetbot for Twitter
価格: ¥1,200

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。