日本マイクロソフト、「Office 2016」の一般向け永続ライセンス版を明日から販売開始へ

先日の9月23日より「Office 365」ユーザー向けに「Office 2016」の提供が開始されていましたが、本日、日本マイクロソフトが、明日9月30日より「Office 2016」の一般向け永続ライセンス版の提供を開始する事を発表しました。

Office-2016-Logo
一部製品の参考価格は下記の通り。
(全て税別です)

Windows版

・Office Personal 2016:29,800円
・Office Home & Business 2016:34,800円
・Office Professional 2016:59,800円

Mac版

・Office Home & Student 2016 for Mac:23,800円
・Office Home & Business 2016 for Mac:34,800円
・Office Academic 2016 for Mac:16,800円

なお、今バージョンよりパッケージ版は廃止され、POSAというライセンスキーが書かれたカードタイプのバージョンと各種サイトからダウンロード購入の2通りでの販売となります。
(どちらもダウンロード形式になる)

[via マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事