「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサのGPUは6コアで、「M9」モーションコプロセッサを内蔵

Chipworksが、「iPhone 6s/6s Plus」に搭載されている「A9」プロセッサの調査レポートを公開しました。

a9 layout
その調査結果によると、「A9」プロセッサが引き続きデュアルコアなのは既に明らかになっていますが、GPUについては、「A8」プロセッサが4コアだったのに対し、「A9」プロセッサは6コアになっている事が分かりました。

また、「iPhone 6」の時は「M8」モーションコプロセッサは「A8」プロセッサとは別に基板に取り付けられていましたが、「iPhone 6s/6s Plus」の「M9」モーションコプロセッサは「A9」プロセッサ上に集積されている事も分かりました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事