Apple、「watchOS 2」を正式にリリース − アップデート方法も

本日、Appleが、「Apple Watch」向けに「watchOS 2」を正式にリリースしました。

watchos2ss1

「watchOS 2」は9月16日にリリース予定だったものの、バグが見つかった事から延期されていました。

「Apple Watch」を「watchOS 2」にアップデートする方法は下記の通りで、「Apple Watch」が「iPhone」の通信圏内にあり、充電器に接続され、バッテリー残量が50%以上必要となっています。

1,母艦となる「iPhone」を「iOS 9」にアップデート

2,「iPhone」の「Apple Watch」アプリを起動

3,「Apple Watch」アプリで「一般>ソフトウェア・アップデート」にアクセス

4,アップデートが表示されている場合は「ダウンロードとインストール」をタップ

なお、今アップデートは「watchOS 2」のGM版をインストール済みのユーザーにも提供されています。




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。