iOSの不要なプリインストールアプリの一部は将来的に削除可能に - ティム・クックCEOが明らかに

ITmediaによると、Appleのティム・クックCEOが、BuzzFeedのインタビューの中で、iOSのプリインストールアプリの一部を将来的には削除できるようにすると明らかにした事が分かりました。

iOS9
iOSのプリインストールアプリは使用しない場合でも基本的に削除出来ない仕組みとなっていますが、クック氏はなぜ削除出来ないアプリがあるのかの問いに対し、下記のように答えたそうです。

「これは見た目よりも複雑な問題です。iPhoneの深い部分と連係しているアプリがあり、そうしたアプリを削除すると問題が発生する可能性があります。ただ、連係していないアプリもあるので、そうしたアプリについては、将来的には(削除するための)方法を提供することになるでしょう。みなさんの大切なストレージを無駄に専有したいわけではありません」(via ITmedia

恐らく、「PodCast」や「友達を探す」などが削除可能になるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事