「iPhone 6s」の「Live Photos」機能で撮影した画像のファイルサイズは通常の静止画の約2倍である事が明らかに

9月25日に発売される「iPhone 6s」シリーズではカメラで撮った写真が動き出す「Live Photos」機能が利用可能ですが、MacRumorsによると、同モードで撮影した画像のファイルサイズは1200万画素のiSightカメラで撮影した通常の静止画の約2倍のサイズになる事が分かりました。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT

「Live Photos」機能は12メガピクセルの写真を真ん中にして、撮った一瞬の前後の瞬間も動きとサウンドと一緒にとらえるもので、同機能はデフォルトではオンになっている事から、16GBモデルなどのストレージ容量が少ない場合は気を遣わないといけない場面が出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。