日本マイクロソフト、「Surface Hub」の予約受付を開始 ー 出荷は2016年1月の予定

日本マイクロソフトが、大画面ディスプレイを備えたコラボレーションデバイス 「Surface Hub」の予約受付を国内でも本日より開始した事を発表しました。

Microsoft_Surface-Hub-4153_A-1024x683
「Surface Hub」は、会議室の参加者だけでなく、ネットワークを介した外部の参加者なども会議室にいる場合と同じように共同作業を可能にするコラボレーションに最適化されたWindows 10搭載の大画面デバイスで、84インチおよび55インチの二つのディスプレイサイズが用意されており、既に日本航空などで導入が発表されているとのこと。

なお、価格は下記の通りで、出荷開始予定時期は2016年1月となっています。

・Surface Hub 55インチ:830,949円(税別)
・Surface Hub 84インチ:2,374,059円(税別)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事