「iPhone 6s」のiSightカメラの仕様は1200万画素/5枚構成レンズか

Business Insiderが、サプライチェーンの内部関係者の話として、Appleはサプライヤーに対し、1200万画素のイメージセンサーを搭載する「iPhone 6s」シリーズ向けの5枚構成レンズを発注している事が分かったと報じています。

isighti6

これらの部品は量産段階にあり、生産は予定通りで進んでいるようで、参考までに現行の「iPhone 6」のiSightカメラの仕様は800万画素/5枚構成レンズ/f2.2となっています。

また、同じ関係者によると、Appleは次世代iPhone(iPhone 7)向けの6枚構成レンズも既に発注しているとのこと。

なお、「iPhone 6s」シリーズのiSightカメラについては、予てから1200万画素のイメージセンサーを搭載し、カメラ性能が大幅に向上すると言われています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。