「もし、Appleがガラケーを作ったら…」 − Apple製ガラケーのコンセプトデザイン

各種コンセプトデザインで有名なMartin Hajek氏が、Appleがもしガラケーを作ったら…を想像したコンセプトデザインを公開しました。

th_20493954095_b677edee79_b
同氏は何度か来日しているほどの日本通で、日本で寝強い人気があるガラケーとiPhoneを組み合わせたコンセプトデザインとなっており、ネックストラップを取り付け可能なループや折り畳んだ際の外部液晶なんかはガラケーの特徴を上手く再現しています。

th_20305849480_3e0df638e0_b
th_20500232921_98408db714_b
th_20493951765_5ee66e2940_b
今回はちょっとお遊び感覚で制作したっぽく、ちょっとやっつけ仕事感がありますが、他のコンセプトデザインはこちらで閲覧可能です。


[Photo Credit:Martin Hajek

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事