「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のCADレンダリング画像が流出か ー 本体サイズが僅かに大きくなる模様

本日、サードパーティのアクセサリーメーカーがケースの製造する為に利用する「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のCADレンダリングとされる画像を撮影した映像が公開されました。

th_SS 2015-08-01 3.17.30

そのレンダリング画像から分かる「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の本体サイズは下記の通りで、横幅が約0.9㎜大きくなり、厚みは0.2㎜厚くなるようです。

  高さ 厚み
iPhone 6s 138.342㎜ 67.913㎜ 7.104㎜
iPhone 6 138.1㎜ 67.0㎜ 6.9㎜
  高さ 厚み
iPhone 6s Plus 158.254㎜ 78.754㎜ 7.3㎜
(カメラの出っ張りを含むと7.87㎜)
iPhone 6 Plus 158.1㎜ 77.8㎜ 7.1㎜

「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」とも現行モデルに比べ、本体サイズが僅かに大きくなるものの、デザインは変わらない事が分かります。

また、気になる点としては、「iPhone 6s」ではiSightカメラの出っ張りがなくなっているものの、「iPhone 6s Plus」は出っ張りが残っています。

なお、下記の映像がそのCADレンダリングを撮影したものなので、是非ご覧下さい。

[via Uswitch

スポンサーリンク