著名開発者ら、「Apple Watch」をハックし今度は人気ランニングゲームを移植

先日からSteve Troughton-Smith氏(@stroughtonsmith)と共に「watchOS 2」を搭載した「Apple Watch」をハックし、弄り倒しているAdam Bell氏が、「Canabalt」と呼ばれる海外で人気のランニングゲームを「Apple Watch」に移植したデモ映像を公開しました。

映像を見る限り、タップ操作なども問題なく動いているようです。



また他にも、ソフトウェアエンジニアであるAnton Titkov氏も「Apple Watch」をハックし、「Apple Watch」が「AirDrop」をサポートしている事が分かったと報告しています。


また同氏は、「AirDrop」をオンオフ出来るデモアプリを動かす映像も公開しています。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事