Google、「Chrome for OS X」のバッテリー消費やパフォーマンスの改良に取り組んでいる事を明らかに

MacRumorsによると、GoogleのシニアソフトウェアエンジニアであるPeter Kasting氏が、ウェブブラウザ「Chrome」のOS X版のバッテリー消費やパフォーマンスを改良に取り組んでいる事を発表しました。

chromelogoss
その改良の一部が明らかにされており、「Chrome for OS X」でGoogle検索結果ページや様々な他のウェブページを読み込む際にCPU使用率をより少なくする事や、バックグラウンドで開いているタブの描画プライオリティを下げる事によりアイドル時のCPU使用率を少なくする事に成功しているようです。

ちょっと前にMacのブラウザを「Chrome」から純正の「Safari」に変えるだけでバッテリー駆動時間が劇的に改善といった報告もありましたが、Googleもこの件に対して少しでも改善するべく動いているようです。

なお、いつもと同じようにこれら改良はまず「Chromium」で実施され、その後、正式版がリリースされる予定です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事