「OS X El Capitan」ではサードパーティ製SSDでもTrim機能が利用可能に?! 「OS X 10.10.4」から利用可能になる可能性も

MacRumorsによると、「OS X El Capitan」にはサードパーティ製SSDのTrim機能を有効化するツール「trimforce」が標準で搭載されている事が分かりました。

osxelcapitan
Trimとは、消去しても問題ない領域の論理アドレスをシステムからSSDに通知する機能で、SSDの速度低下の抑制や延命が期待できるメンテナンス機能とされており、「OS X」では純正のSSDに対しては標準で利用可能であるものの、サードパーティ製SSDでこの機能を使用するには「Trim Enabler」などのサードパーティ製アプリを利用する必要があり、更に「OS X Yosemite」では「Trim Enabler」の利用時に問題が発生していました。
(via AKIBA PC Hotline!

ただし、「trimforce」を利用する場合はデータの損失や破損については自己責任である事に同意する必要があるとのこと。

なお、9 to 5 Macによると、この「trimforce」は「OS X Yosemite 10.10.4」のベータ版にも搭載されているとの情報もあり、「OS X Yosemite 10.10.4」から利用可能になるのか、「OS X El Capitan」から利用可能になるのかはまだ分かりません。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事