【UPDATE】「Apple Watch」、「Watch OS 1.0.1」の適用後に10分おきの心拍数の測定をストップしていた事が判明

先日、「Apple Watch」向けに「Watch OS 1.0.1」がリリースされましたが、同アップデートの適用後に10分間隔の心拍数の測定機能を停止していた事が分かりました。

watch-heart-rate-monitor-hero
アップデート前までは自動で10分間隔で心拍数を測定しており、そのデータは「iOS 8」の「ヘルスケア」アプリから閲覧可能となっていましたが、アップデートを境に測定がストップしています。

IMG_4056
Appleの公式サイトにはまだ”10分おきに心拍数を測定する”との案内は残ったままで、なぜストップしてしまったのかは不明ですが、恐らく、パフォーマンスやバッテリー駆動時間などを考慮して停止されたものと予想されます。

個人的にもデータをたまに見るのが楽しかったので、ちょっと残念ですね。

UPDATE:問題なくデータを測定し続けていると報告するユーザーもおり、アップデートによるバグの可能性も出てきました。

[via Apple Support Communities

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事