マウスコンピューター、「Windows Phone」搭載スマホの仕様を公開

本日、マウスコンピューターが、以前に開発している事を明らかにしていた「Windows Phone」を搭載したスマートフォンの仕様の詳細を発表しました。

madosuma
同スマホは同社のスマートフォンの新ブランド「MADOSMA」(マドスマ)の第一弾として販売される予定で、主な仕様は下記の通りですが、販売価格、販売時期、販売チャンネル等については、後日改めて正式発表されるとのこと。

 ・OS:Windows Phone 8.1 Update
 ・CPU:MSM8916(1.2GHz/クアッドコア)
 ・ROM:8GB
 ・RAM:1GB
 ・メモリスロット:MicroSDメモリーカード(16GB同梱)
 ・バッテリー:2,300mAh(取り外し可)
 ・ディスプレイ:約5インチ(1280x720)IPS
 ・本体寸法:142.8x70.4x8.4mm
 ・質量:125g
 ・通信:3G, WCDMA(BAND1/8/19),LTE(BAND1/3/19)
 ・SIMスロット:Micro SIM
 ・無線:802.11 b/g/n, Bluetooth 4.0 (EDR/A2DP対応)
 ・メインカメラ:800万画素
 ・フロントカメラ:200万画素
 ・GPS:GPS/A-GPS
 ・センサー:近接/光/加速度センサー/電子コンパス

なお、「MADOSMA」の公式サイトも公開されています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事