「Apple Watch」の「S1」プロセッサ、RAMの容量は512MBである事が明らかに

ABI Researchが、「Apple Watch」に搭載されている「S1」プロセッサを分解し、各種パーツの詳細を公開しました。
apple_s1_sip
詳細をまとめたものが下記画像ですが、RAMはエルピーダ製で容量は512MBとなっており、フラッシュストレージ容量は過去にも明らかになっている通8GBで、Sandiskもしくは東芝製が採用されているようです。

また、Wi-FiやBluetooth、NFCなどの無線関連のチップはBroadcom製の「BCM43342」が、NFCコントローラーはNXP Semiconductors製がそれぞれ採用されています。

s1_decapped_abi

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。