「iPad」が原因でアメリカン航空の飛行機の出発が遅れるハプニングが発生

これまでに多くの航空会社がフライトバッグ及びフライトマニュアルの「iPad」への置き換えを進めてきましたが、その「iPad」が原因で複数の飛行機の出発が遅れるといったハプニングが発生していた事が分かりました。

american-airlines-boeing-777-300er-on-gate-2013-6
ハプニングが起こったのはアメリカン航空の飛行機で、アメリカン航空の広報の話によると、パイロットが所持している「iPad」のソフトウェアアプリケーションに問題が発生し、問題を解決するにはWi-Fi接続が必要で、一度ゲートに戻る必要があった事から一部の便に遅れが発生したとのこと。

問題の原因は不明ですが、既に問題は特定されており、解決に向けて取り組んでいるそうです。


[via The Verge, Photo Credit:http://mobile.goiam.org/]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事