Amazon、著者が最も適切と思う長さで書籍を出版できる新サービス「Kindle Singles」を開始

本日、Amazonが、著者が最も適切と思う長さで書籍を出版できるサービス「Kindle Singles」を開始した事を発表しました。

Kindlenewicon

電子書籍の誕生以前は、著者は雑誌や書籍などの出版物の種類に合わせて文章の削減や書き足しを求められてきましたが、「Kindle Singles」ではそのような制約はなく、対象となる書籍は、通常30~150ページ(400字詰め原稿用紙換算、以下同様)で構成されており、フィクションからノンフィクション、著名な作家からこれまで出版経験のない著者によるものまで、様々な作品を厳選して提供されるとのこと。

なお、「Kindle Singles」に直接作品を提供した著者は、最大70%のロイヤルティーを受け取ることができ、「Kindle Singles」の価格は、一冊99円~399円になります。

 ・Kindle Singles

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。