「Apple Watch」、バッテリー消費を抑える為のモードを搭載か

The New York Timesによると、「Apple Watch」にはバッテリーを節約する為に「Power Reserve(パワーリザーブ)」といった機能が搭載されている事が分かりました。

SS 2015-03-02 7.00.19

同機能はディスプレイに時計のみを表示するようにし、バッテリーの消費を抑える事が出来るモードで、通知機能などの「iPhone」との連携機能などは利用する事が出来なくなるとのこと。

なお、「Apple Watch」のバッテリー駆動時間は約1日と言われていますが、使用方法によっては1日持たない場合もあると予想されます。

また、Appleは「Apple Watch」の実地テストの際に、バレないようにSamsung製のスマートウォッチに偽装してテストを行っていた事もあるようです。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。