「Windows 10」は「USB 3.1 Type-C」コネクタを標準でサポートへ

米Microsoftは現地時間2015年3月18日と19日に中国の深センでハードウェア開発者会議「WinHEC」を開催する予定ですが、「WinHEC」で行われるセッションの内容から「Windows 10」が「USB 3.1 Type-C」コネクタをサポートする事が分かりました。

600x399xusb6Ej0

同コネクタの特徴は、リバーシブルで表裏どちらでも挿入できるようになり、大きさはMicro USBと同程度を維持しつつ、最大データ伝送速度が「USB 3.0」の2倍に相当する10Gビット/秒の「USB3.1」に対応しています。

[via Neowin

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。