京セラ、「MWC 2015」に「Windows Phone 8.1」搭載高耐久スマホのプロトタイプを展示へ

本日、京セラが、3月2日からスペイン・バルセロナで開催される世界最大級の通信関連展示会「Mobile World Congress 2015」に今年も出展し、「Windows Phone 8.1」をインストールした高耐久モデルのプロトタイプを展示する事を発表しました。

0201_treu01

詳細は不明なものの、既に発表している欧州市場向けの高耐久スマートフォン「TORQUE (KC-S701)」のWindows Phone版といった感じでしょうか。
(上記画像は「TORQUE (KC-S701)」)

なお、他にもソーラーチャージを可能にした高耐久モデルのプロトタイプや高耐久スマートフォンの様々な可能性や利用シーンを想定したデザインコンセプトを展示する予定とのこと。

[via blog of mobile

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。