Apple、「Apple Watch」向けアプリの開発者を本社へ招待 ー アプリ開発の仕上げをサポート

4月の発売まであと2ヶ月となった「Apple Watch」ですが、9 to 5 Macによると、米Appleが「Apple Watch」向けアプリの一部開発者をクパチーノにある本社キャンパスに招待している事が分かりました。

screenshot-2015-01-31-14-38-17
先週から今週にかけて、スポーツアプリや生産性アプリを開発する数十社の開発担当者がAppleの本社を訪れており、アプリ開発の仕上げの為にAppleのエンジニアと協力しているとのこと。

また、2月だけで100種類以上のワークショップを開催しており、更に「Apple Watch」での「Apple Pay」のサポートに向け銀行とも協力していて、米国の銀行だけでなく、ドイツの銀行ともアプリの開発に取り組んでいるようです。

なお、出席した開発者の1人は、「Apple Watch」のデジタルクラウンについては本当に素晴らしいものの、フォースタッチについては慣れるまで時間が必要と述べているそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事