Intelの2015−2016年のロードマップが流出 − 一部の次期Macのリリーススケジュールも予想

VR-Zoneによると、米Intelの2015年から2016年のCPUに関するロードマップの資料が流出し、次世代Coreプロセッサの「Skylake」シリーズは、予てからの情報通り2015年第3四半期登場で変わっていない事が分かりました。

skylake-s-665x214
資料を見る限り、「Skylake」は以前より情報があるデスクトップ向けの「S」シリーズに加え、「MacBook Air」や「MacBook Pro Retina(13インチ)」で採用されている「U」シリーズもほぼ同時に投入される予定となっています。

また、デスクトップ向けCPUは、2015年第2四半期半ばにアンロック版の「Broadwell-K」が投入され、「Skylake-S」と並存するようで、更に2016年第1四半期にはハイエンドCPUである「Broadwell-E」が投入される予定となっています。

なお、今回流出した資料から一部の次期Macのリリーススケジュールが予想でき、まず「iMac」の次期アップデートは「Skylake-S」登場後の今夏〜今秋あたりになるものと予想され、「MacBook Air(11/13インチ)」と「MacBook Pro Retina(13インチ)」については既に発表されている「Broadwell-U」を搭載したモデルが今春までに登場する可能性があり(MBAは噂の12インチ版に置き換えられる可能性も…)、更にその次のモデルチェンジが「Skylake-U」が登場する今秋あたりにあるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事