Appleが2011年に発表した「iPod nano (第1世代) 交換プログラム」、今申し込むと「iPod nano (第7世代)」と交換してくれる模様

Appleは2011年11月に、ごく稀に「iPod nano (第1世代)」のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があるとして「iPod nano (第1世代) 交換プログラム」を発表し、申し込んだユーザーに対し「iPod nano (第1世代)」もしくは「iPod nano (第6世代)」との交換を実施していましたが、同プログラムは現在も継続中で、今申し込むと「iPod nano (第7世代)」と交換される事が分かりました。

下記写真は最近同プログラムに申し込んだユーザーが公開したもので、交換用の「iPod nano (第6世代)」の在庫が切れたのか、現在は「iPod nano (第7世代)」が送られてくるようで、「Lightning – 30ピンアダプタ」も同梱されています。

25611_un-vieil-ipod-nano-traine-dans-vos-tiroirs-echangez-le-contre-un-modele-recent
もし、まだ同プログラムの対象となる「iPod nano (第1世代)」が家に眠っているという方は、申し込んでみては如何でしょうか。


[via Mac4Ever

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事