Microsoft、月例パッチの事前通知の一般向けの提供を終了

Microsoftは毎月リリースするセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の内容を事前に通知し、当ブログでもその内容をお伝えしてきましたが、本日、同社が同事前通知の一般ユーザー向けの提供を打ち切り、今後は有料サポートサービスを契約している法人顧客限定で提供する事を発表しました。

Microsoftphoto
その理由として、同社は「大規模顧客の多くでテストや導入の方法が最適化されたため、かつてのような形では事前通知が利用されなくなった為」と説明しており、今後は、Premierサービスを契約している顧客と「Microsoft Active Protections Program」などのセキュリティプログラムに現時点で加入している組織に限定して通知されます。

 ・プレスリリース(日本語)

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事