Twitter、見逃したツイートのハイライトを表示する機能を一部ユーザー向けに提供開始

Twitterが、去年の11月に発表していた見逃してしまったツイートのハイライトを表示する「While you were away」(直訳:あなたがいない間)機能の提供を開始しました。

screen-shot-2014-11-12-at-10-40-07-am
同機能は、しばらくTwitterから離れた後でアプリを起動した際に、ユーザーの履歴に基いて最適化した不在中のツイートのまとめを表示してくれる機能で、ここ数日で一部ユーザー向けに公開された模様。

現在のところ「iOS」向け公式アプリを利用するほんの一部のユーザーで利用可能になっており、過去の例からして、評判が悪ければこのまま提供が終了する可能性もあると思われます。



[via TNW, ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事