12インチ版「MacBook Air」の量産は2015年第1四半期より開始か

本日、DigiTimesが、上流のサプライチェーンの情報筋の話として、新しい12インチ版「MacBook Air」は2014年末に試験生産が開始され、2015年第1四半期(1〜3月)に量産が開始されるようだと報じています。
12inch-Retina-MacbookAir 新しい12インチ版「MacBook Air」は、薄型軽量化の為にIntelのBroadwellプロセッサと新しいシャーシ設計を採用し、当初あった生産歩留まりの問題も徐々に解決されており、量産は2015年第1四半期に開始予定と言われているようです。

また、「Apple Watch」もほぼ同時期に生産が開始される予定で、Appleのサプライチェーンは両製品の関連部品の供給を加速し始めているとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事