Apple、「Safari 8.0.2 / 7.1.2 / 6.2.2」をリリース

本日、Appleが、「Safari 8.0.2」と「Safari 7.1.2」、「Safari 6.2.2」をリリースしました。
t_Safari11 「Safari 8.0.2」は「OS X Yosemite 10.10.1」向け、「Safari 7.1.2」は「OS X Mavericks 10.9.5」向け、「Safari 6.2.2」は「OS X Mountain Lion 10.8.5」向けとなっており、「Safari 8.0.2」の変更点は下記の通り。

  • iCloud Drive が入になっていない場合にデバイス間で履歴が同期されない問題を修正
  • 2 個のデバイスを iCloud キーチェーンに追加すると保存されたパスワードが自動入力されなくなる問題を修正
  • Retina ディスプレイでの WebGL グラフィックスのパフォーマンスを改善
  • Firefox からユーザ名とパスワードを読み込める機能を改善
  • 8.0.1 アップデートのインストール後に稀に発生する、一部のユーザが Safari にアクセスできなくなる問題を修正
なお、各アップデートはMac App Storeより可能です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事