Microsoft、「Surface Pro 3」向けに2014年11月度の更新プログラムをリリース

Microsoftが、「Surface Pro 3」向けに2014年11月度の更新プログラムをリリースしています。
SurfacePro3Primary_Web 今アップデートには、「Surface Pro UEFI アップデート (v3.11.350.0)」が含まれており、システム安定性の向上や起動時間の最適化、バッテリー残量3%以下時の日付と時刻の精度の問題を修正、「McAfee Defense Encryption 7.1.1」との互換性の改善が行われます。

また他にも、「Surface Home Button driver アップデート (v2.0.1174.0)」や「Surface Pen Settings driver アップデート (v2.5.14.0)」、「ワイヤレスネットワークコントローラ及びBluetoothドライバアップデート (v15.68.3066.135) 」も含まれています。

なお、この更新は今後数週間のうちに自動でインストールされますが、手動でインストールすることもでき、その方法は下記の通り。

手順 1: 右からスワイプして、[設定] をタップまたはクリックします。
(マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[設定] をクリックします。)
手順 2: [PC 設定の変更] をタップまたはクリックし、[保守と管理] をタップまたはクリックします。
手順 3: [今すぐチェックする] をタップまたはクリックします。
手順 4: 利用可能な更新プログラムがある場合は、[詳細の表示] をタップまたはクリックします。
手順 5: インストールする更新プログラムをタップまたはクリックして選択し、[インストール] をタップまたはクリックします。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事