「OS X Yosemite」でWi-Fiに接続出来ない問題、「OS X 10.10.1」へのアップデート後も依然として報告されている模様

本日、Wi-Fiの不具合を修正した「OS X Yosemite 10.10.1」が正式にリリースされましたが、MacRumorsによると、「OS X Yosemite 10.10.1」にアップデートした一部ユーザーから、依然としてWi-Fiに接続出来ない不具合が報告されている事が分かりました。
yosemite Appleのサポートフォーラムでは「OS X Yosemite 10.10.1」へのアップデート後も不具合を報告するユーザーが後を絶たないようで、対処法としては、WiFiの設定リセットやBluetoothのオン/オフ、2.4GHz帯もしくは5GHz帯の片方のみ使用などが報告されています。

また他にも、Bluetoothの接続が不安定になる問題やCPU使用率が高くなる問題なども少数ながら報告されており、依然として様々な不具合が残っている模様。

関連エントリ
Apple、「OS X Yosemite 10.10.1」を正式にリリース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事