Microsoftブランドとしては初となる「Lumia」の新モデル「RM-1090」のスペックが明らかに

作日、Microsoftブランドへの移行後としては初となるWindows Phone搭載スマホ「Lumia」シリーズの新モデル「RM-1090」が、中国工業情報化部(MIIT)の認証を通過した事が分かりましたが、その「RM-1090」のスペック情報が流出しました。
RM1090 そのスペックは下記の通りで、スペックから契約無しで100〜150ドルで販売されるローエンドモデルであるとみられています。

・ディスプレイ:5インチ HD
・CPU:1.2GHz Snapdragon 200
・RAM:1GB
・ストレージ:8GB
・カメラ:500万画素
・バッテリー:1900mAh
・寸法:140.2×72.45×9.32㎜
・重さ:145.7g
・カラー:グリーン、ブラック、ホワイト、グレー、ブルー、オレンジ
・その他:デュアルSIM


[via WMpoweruser

関連エントリ
Microsoftブランドとしては初となる「Lumia」シリーズの新モデルの本体画像が明らかに

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事