「OS X」のLaunchpadで特定のアプリを削除するとシステムフォルダの中身まで消えてしまうバグが見つかる

「OS X」のLaunchpadから特定のアプリを削除する際に、通常では削除されないシステムフォルダの中身が誤って消えてしまうバグが報告されている事が分かりました。
launchpad2 そのバグとは、アプリに関する重要な情報が多数保存されている「~/Library/Application Support」フォルダの中身が全て削除されてしまうもので、現在のところ「Coffitivity」というアプリをLaunchpadで削除するとこの不具合が発生する事が確認されており、アプリ内のInfo.plist内にあるCFBundleDisplayNameの項目が空白になっている事が要因なのではないかとみられています。

CFBundleDisplayNameの項目が空白の場合、他のアプリでも同様のバグが発生する可能性があり、今後、Launchpadでアプリを削除する場合は注意が必要です。

[Source:togetter.com, via 卵は世界である

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事