「iOS 8」のアプリクラッシュ率、「iOS 8.1」のリリース後に大きく改善

モバイルアプリのパフォーマンスマネジメント会社のCrittercism社が調査した結果、「iOS 8」のリリース後6週間で、アプリのクラッシュ率は25%以上低くなっている事が分かりました。
ios-8-logo 「iOS 8」リリース直後の9月22日のアプリクラッシュ率は約3.6%だったものの、10月29日の時点で2.6%まで低くなっているそうです。

中でも現地時間の10月20日にリリースされた「iOS 8.1」を搭載したデバイスのアプリクラッシュ率は2.15%となっており、「iOS 8.0〜8.0.2」を搭載したデバイスよりも約19%改善されているとのこと。

[via Macworld

関連エントリ
「iOS 8」のクラッシュ率、「iOS 7」より78%高い事が明らかに

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事