日本マイクロソフト、日本市場向けに最適化した「Office Premium」と「Office 365 Solo」を発表

本日、Microsoftが、日本国内で「Office」に関する発表イベントを開催し、日本市場向けに最適化した個人向けの新しいOffice「Office Premium」と「Office 365 Solo」を提供する事を発表しました。
office2013logo
まず、「Office Premium」は、プリインストールされた「Office」の永続ライセンスに加え、1年間の「Office 365」のライセンスやマルチデバイス対応、60分までのSkypeの無料通話などが付属しています。
figure_01
次に、「Office 365 Solo」は1年間のクラウドベースの「Office」が利用出来るサービスで、年額11,800円となっています。
figure_02
なお、両製品とも10月17日より販売が開始され、詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。