Microsoft、「WinHEC」を復活 ー 2015年3月に中国で開催へ

本日、Microsoftが、2008年まで開催していたイベント「WinHEC」を復活させる事を発表しました。
winhec2015china 「WinHEC」は「Windows Hardware Engineering Conference」の略で、Windowsに関するハードウェアを中心とした見本市と開発者向けカンファレンスから構成されたイベントで、2008年の開催を最後に「Professional Developers Conference」(現在は「BUILD」カンファレンス)に統合されていましたが、今回、ちょっと名前が変わり「Windows Hardware Engineering Community」(WinHEC)として復活する事が決まりました。

なお、復活後最初の「WinHEC」は来年の3月18日〜19日に中国の深センで開催される予定。

 ・WinHEC 公式サイト

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事