次期iPad Airは2GBのRAMを搭載し、12.9インチ版「iPad」は「A8X」プロセッサを搭載か

本日、台湾のTech Newsが、次期iPad Airや予てから噂されている12.9インチ版「iPad」に関する情報を報じています。
ipadair2_3 まず次期iPad Airは、2GBのRAMやTouch IDを搭載し、プロセッサは「iPhone 6/6 Plus」と同じ「A8」プロセッサが採用され、より薄くなり、ストレージ容量は16GB/32GB/64GB/128GBが用意されるだろうとのこと。

次に12.9インチ版「iPad」については、「A8X」プロセッサや2GBのRAMを搭載するようだと報じています。

これら情報が本当かどうかは不明ですが、次期iPad Airと次期iPad miniについては来月にも発表されるとみられており、12.9インチ版「iPad」は来年になるとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事