「Apple Watch」の防水性能は”生活防水”で、「Apple Watch Edition」には充電も出来る専用ケースが付属

MacRumorsによると、本日発表された「Apple Watch」の耐水性能は完全防水ではなく生活防水レベルであり、水泳をしたり、お風呂に入る際には外さなければいけない事が分かりました。
watch1 また、「Apple Watch」から直接電話を掛ける事ができる他、ホーム画面上のアプリの配置は「iPhone」のようにタップ&ホールドする事で移動させる事が可能で、「Apple Watch」の置き忘れを防止する為に「iPhone」で警告音を鳴らすことが出来る「Ping My iPhone」の機能も搭載されているとのこと。

他にも、最上位モデルの「Apple Watch Edition」には専用のケースが付属しており、そのケースに立てかけて充電する事も可能なようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事