「iPhone 6」のNFCが搭載される更なる証拠か ー ロジックボードに謎のスペース

先日、「iPhone 6」にNFC(近距離無線通信)機能が搭載される事が確認されたとの報道がありましたが、MacRumorsが、流出した「iPhone 6」のロジックボード(基板)からもNFCが搭載される更なる証拠が見つかったと報じています。
iphone_6_nfc_board_close 「iPhone 6」のロジックボードには「iPhone 5s」にはない5×5㎜の謎のチップ用のスペースが用意されており、その大きさからもそこ(赤線で囲んだ部分)にNFCチップが搭載されるものとみられています。

また、その謎のチップ用のスペースは4.7インチだけでなく、5.5インチのロジックボードにも存在しているようです。
iphone_6_nfc_board_both

関連エントリ
「iPhone 6」にNFC機能が搭載される事が確認された?! NXP社のNFC技術を採用か

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事