Microsoft、ARM版「Windows 9」のプレビュー版を来年1〜2月に公開か

「Windows Threshold」というコードネームで呼ばれている「Windows 9」(仮称)のテクニカルプレビュー版が9月末前後にリリースされると言われていますが、ZDNetのMary Jo Foley氏によると、ARM版「Windows 9」(次期Windows RTもしくはWindows Phone 9?)のプレビュー版も別途リリースされる予定である事が分かりました。
Microsoft-to-Launch-Windows-9-Preview-in-February-2015-Rumor MicrosoftはARM版「Windows 9」のプレビュー版を2015年1月もしくは2月にリリースする事を目標にしており、これはタブレットやWindows Phone向けとなり、デスクトップは含まれないとのこと。

また、「Windows Threshold」の後は、1〜2年ごとに「Windows 10」や「Windows 11」といったメジャーアップデート版をリリースするのではなく、「Windows Threshold」を定期的にアップデートして新機能の追加や問題修正などを行うようになるといった情報もあるそうです。

(訂正)
タイトルを少し変更させて頂きました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事