Microsoft、8月の月例パッチ適用後に発生する問題の情報や対処方法のまとめを公開

本日、日本マイクロソフトのセキュリティチームが、8月の月例パッチをインストール後に発生しているブルースクリーンが発生する問題や起動出来なくなる問題についての対応方法をまとめた記事を公開しています。
windows81updates1 発生する問題はBSOD(ブルースクリーン)が発生し、パソコンの操作ができなくなる問題やパソコンが起動出来なくなったり、再起動を繰り返す問題で、4つの更新プログラムが原因とされています。

また、問題はWindows 7とWindows 8/8.1で報告されており、記事には問題が発生している場合の対処策と問題が発生していない場合の対処策が掲載されているので、記事を参考にして対処される事をオススメします。

 ・2014年8月13日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある [対応方法まとめ]
 (日本マイクロソフト)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事