Microsoft、2016年1月12日より「Internet Explorer」のサポートを最新版のみにする事を発表

本日、米Microsoftが、Internet Explorerの公式ブログにて、2016年1月12日から「Internet Explorer」のサポートサイクルを変更し、サポートを最新版のみする事を発表しました。
IE10 2016年1月12日からはWindows及びWindows Serverの各プラットフォームで使用できる「Internet Explorer」の最新版のみにテクニカルサポートとセキュリティアップデートを提供するとのことで、2016年1月12日の時点では以下のようなサポート状況になります。
2014-08-08 9.11.04 なお、この措置の理由としては、最新のWeb標準への対応やセキュリティ面の強化などが挙げられています。

[via マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事