「iPhone 6」の一部仕様に関する詳しい情報が流出か

本日、VentureBeatが、計画に精通した情報筋から聞いたという「iPhone 6」の仕様に関する詳しい情報を公開しています。
t_iphone6_martinhajek_beb まず、ディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチが用意され、カバーガラスにはサファイアガラスは採用されないものの、ゴリラガラスより硬い素材となっているようです。

また、動作周波数2.0GHzの「A8」プロセッサを搭載し、Wi-Fi 802.11acやLTE-Advanced、NFCのサポート、Touch IDの認識速度の改良などが特徴になるとのことで、先日に買収が完了したBeatsのヘッドフォンとiPhoneとの間で特別な接続方法をテストしているとの情報もあるとのこと。

なお、「iPhone 6」は9月9日のイベントで発表され、4.7インチモデルは9月中旬から発売可能であるものの、5.5インチモデルは数週間から1ヶ月ほど後に発売される可能性が高いそうです。

[Photo Credit:Martin Hajek]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事