Apple、「OS X Yosemite」のパブリックベータ版を提供開始

本日、Appleが一般ユーザー向けに「OS X Yosemite」のパブリックベータ版を公開しました。
yosemite
「OS X Yosemite」のパブリックベータ版は先着100万名のみの限定となっており、該当者は「OS X Beta Program」のサイトにサインインして、手順に従ってダウンロードする事が可能です。

ただ、あくまでまだベータ版であり、当方もベータ1より試用しているものの、動かないアプリがあったり、クラッシュし易かったりとまだまだバグが多い状態なので、試用する場合は呉々もご注意を。

また、公式にも既知の問題として下記の内容が案内されています。

【Safari】
・Netflix のコンテンツの再生中に「Safari」がフリーズする可能性があります。

【iPhotoとAperture】
・Mac App Store で iPhoto 9.5.1 と Aperture 3.5.1 にアップデートしてください。それより古いバージョンは、OS X Yosemite では起動しません。
・「iPhoto」で編集モードに切り替えると、選択した写真ではなく黒い画面が表示される可能性があります。
・同じ Mac に「iPhoto」と「Aperture」の両方がインストールされている場合、「フォトストリーム」と「iCloud 写真共有」が正常に機能しない可能性があります。

【iCloud】
・Mac App Store でファミリー共有の購入履歴ページが無効になっています。
・iCloud Drive が最初の設定後に Finder 内で空に見えることがあります。この問題を解決するには再起動してください。

【AirDrop】
・AirDrop に近くの Mac が表示されないことがあります。
・AirDrop を使って別の Mac にファイルを送信できない可能性があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。