Appleの「App Store」がサービス開始から6周年を迎える

現地時間の本日7月10日をもって、Appleの「App Store」がサービス開始から6周年を迎えました。
Appstore-icon-1 「App Store」は、2008年7月10日に「iPhone 3G」の発売と共にサービスが開始され、サービス開始当初は500本だったアプリ数は、現在は120万本に達しており、アプリの累計ダウンロード数は750億以上で、毎週3億人のユーザーがアクセスする巨大ストアに成長しました。

去年は5周年という事で特設サイトや各種セールが開催されましたが、今年は一部アプリでセールが行われているのみとなっています。

[via Wikipedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事