「Windows 9」の内部バージョン番号は”6.4″に

Neowin.netによると、来春にもリリースされると言われている次期Windowsこと「Windows Threshold」(コードネーム)の内部バージョン番号は”6.4”になる事が確認されました。
Microsoft-to-Launch-Windows-9-Preview-in-February-2015-Rumor
これはあるWindowsアプリのアクセス解析から明らかになったもので、ビルドナンバーは「9788」となっています。
screen_shot_2014-07-05_at_7.59.08_am-1
現在の「Windows 8.1」の内部バージョン番号は”6.3”となっており、「Windows Threshold」では様々な大幅な変更が加えられると言われている為、内部バージョンが”7.0”になってもおかしくないのですが、内部バージョンを”7.0”にするとアプリケーションの互換性の問題を引き起こす可能性があり、恐らく互換性を考慮して”6.4”にしているものと予想されます。

[Photo Credit:Neowin.net

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事