「Windows 9」ではデスクトップ重視に回帰か ー プレビュー版は今秋リリース?!

本日、ZDNetのMary Jo Foley氏が、次期Windowsこと「Threshold」(コードネーム)に関する新たな情報を公開しています。
Microsoft-to-Launch-Windows-9-Preview-in-February-2015-Rumor 現在の「Windows 8/8.1」では起動するとModern UI(Metro UI)のスタート画面が表示されるようになっていますが、「Threshold」ではSKU(バージョン)やデバイスなどによって起動後の環境が自動で切り替わるようになり、デスクトップ及びノートPC向けバージョンでは起動後にデスクトップ環境が表示され、「Surface Pro」のようなノートPCとタブレットとのハイブリッドデバイスでは、キーボードが接続されている場合はデスクトップ環境で起動し、キーボードが未接続の場合はMetro UIで起動するようになるそうです。

更に、スマートフォンやタブレット版にはデスクトップ環境は搭載されないものの、アプリを並べて表示出来る「スナップ」機能は引き続き搭載され、ARMプロセッサを搭載したスマホやタブレット、Intel Atomを搭載したタブレットで動作するとみられています。

なお、「Threshold」は「Windows 8.1」から無料でアップデート可能で、更に「Windows 7 Service Pack 1」からも無料でアップデート可能になる可能性もあり、正式リリースは来春の予定ですが、正式リリースを前に今秋にパブリックプレビュー版が公開される予定とのこと。

[via TechCrunch

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事