OWC、「iMac 21.5インチ/1.4GHz」の開封及び分解レポートを公開 ー メモリはロジックボードに直付けで交換・増設不可

昨晩に発売された「iMac 21.5インチ」の1.4GHzモデルですが、公式ホームページの仕様欄にも書かれている通り、メモリ(RAM)はロジックボードに直付けされており、交換及び増設が不可能となっています。
9631-1469-140618-iMac-Memory-l OWCは早くも同モデルの開封及び分解レポートを公開しており、メモリがロジックボードに直付けされている事が確認されています。

また、同モデルはCTOでもメモリを増設出来ず、8GBに固定されているので購入される方はご注意を。

なお、搭載されている500GBハードディスクはHGST製となっており、OWCには多数の写真が掲載されているので、是非ご覧下さい。

[Photo Credit:OWC

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事