「OS X Yosemite」のダークモードを強制的にオンにする方法 ー スクリーンショットも公開

「WWDC 2014」で「OS X Yosemite」にはダークモードが搭載されている事が発表されたものの、現在開発者に配布されている「OS X Yosemite」のDeveloper Preview版ではまだダークモードが使えないのですが、開発者のHamza Sood氏が、「OS X Yosemite Developer Preview 2」で隠されているダークモードを強制的にオンにするターミナルのコマンドを公開しました。
screen-shot-2014-06-17-at-2-41-17-pm
そのコマンドは下記のツイートの通りで、オンにした状態のスクリーンショットが上記画像ですが、まだ開発途中の為、メニューバーのアイコンはダークモードに対応していないようです。

なお、元に戻すには下記の通り、上記コマンドの最後を「Light」に変更して実行すると言いそうです。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。