「iOS 8」ではユーザーの位置情報に基づき特定のアプリのショートカットをロック画面に表示する機能を搭載

「iOS 8」はユーザーの位置情報をもとにロックスクリーンの特定のアプリのショートカットアイコンを表示する機能が搭載されている事が分かりました。
iOS-8-Starbucks-app-on-Lock-screen 上記写真のように「iOS 8」ではユーザーの位置情報に基づきロックスクリーンの左下にアプリのショートカットが表示されるようになっており、現在のところ、Apple Storeやスターバックスなどが確認されています。


また、インストールした事がないアプリも表示されたとも報告されており、そのアプリのアイコンを上にスワイプするとApp Storeのダウンロードページが表示されたそうです。

[via iDownload Blog

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事