Apple、「WWDC」でスマートホームのための新しいソフトウェアプラットフォームを発表か

Financial Timesが、匿名の情報筋の話として、Appleは来週に開催する「WWDC 2014」にて、「iPhone」を家電製品やセキュリティシステムのリモコンとして利用可能になるスマートホームの為の新しいソフトウェアプラットフォームを発表するようだと報じています。
nestapp
Appleはこのプラットフォーム用の電化製品やアクセサリーを提供する複数のデバイスメーカーと協力していると言われており、このプラットフォームを利用例としては、ユーザーが帰宅した際にユーザーの「iPhone」を検出し、家の複数の電気が自動で点灯するようになるかもしれないとのこと。

[via 9 to 5 Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。